1分で脳を活性化!マインドマップ拡張コード

【071119】沖縄セミナーなど

■■◆ 【mindmap.jp#071119】沖縄セミナーなど
■■■ 2007/11/19
■■■ 発行部数: 5,210 部(まぐまぐ殿堂入りメルマガ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆キーワード&テーマ:◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「親子向けマインドマップ(R)講座」
●スケッチブック(maruman sketchbook S113)(tool)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本文:◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
沖縄にてマインドマップセミナーを開催いたします。

一般向けの「マインドマップ(R)基礎講座」は、私・伊藤 賢
http://mindmap.jp/ref/seminar20071215.html
(2007年12月15日)

親子向けの「親子向けマインドマップ(R)講座」は、
ブザン教育協会の内山雅人先生、共済は沖縄Sunのコラボ企画です。
この機会を伸ばすと当分このような開催はないと思いますので
沖縄でマインドマップを学びたい方はぜひ!
というわけで、まずはそのご案内です。

●「親子向けマインドマップ(R)講座」2007年12月16日
http://homepage2.nifty.com/okinawa-sun/
子供の成績を上げさせたい、可能であれば勉強の面白さを伝えたい。
そういう思いはありませんか?

「個性を生かす」「創造性を高める」という
言葉が良く聞かれるようになりました。

しかし、具体的にどのようにすればよいかを
伝えてくれる人はいなかったのではないでしょうか?

お題目だけではなく、実際に個性を生かし、創造性を高め、
しかも学校の成績まで格段に上がってしまう。
そんな手法があります。

しかも、これは特別なことではなく、
お子さまの本来の脳の可能性を引き出すだけで実現するのです。
これを可能にするのが、今教育だけではなく
ビジネスの現場でも注目されているマインドマップ(R)です。

マインドマップは、OECDの国際学力度到達テスト(PISA)において
読解力が一位のフィンランドにおいて、「アヤトゥス・カルタ」
という名前で義務教育に導入されています。
また、同テスト2位のお隣韓国の教育においても
学習のための手法として注目されています。

そして、ここ日本においても実際にマインドマップ(R)に触れた
学校・塾の現場の先生方からの強い支持を得て着実に広がっています。

さらに、ビジネスの現場では、ビル・ゲイツや先日ノーベル賞を
受賞したアル・ゴア元副大統領など世界のエグゼクティブも活用しています。
日本においても、IT系の企業を中心に既に多くの企業にて取り入れられ始めています。

なぜ、教育とビジネスという二つの側面で同時に広がりを見せているのでしょう?
それは、このマインドマップ(R)というツールが本来目指すところに理由があります。
「頭脳の使い方を学ぶ」これがマインドマップの開発者トニー・ブザン氏の原点です。
そして、頭脳の使い方というのは、教育においてもビジネスにおいても
とても重要な基本的な知識・スキルとなるものだからなのです。

この「親子向けマインドマップ(R)講座」
その開発者直系の脳全体の機能を使うマインドマップ(R)を学びます。
もちろん、子供向けにアレンジしてあります。

この講座のの講師を務めるのは、
日本の教育界のマインドマップ普及の
中心人物・ブザン教育協会理事の内山雅人先生です。

内山先生は、高校教員として17年間のキャリアを持ち
教育とマインドマップ(R)に対して深い理解をもたれています。
(詳しくは下記、講師紹介をお読みください)

色鮮やかで、美しい曲線とリズムを持ったマインドマップ(R)は、
お子さまの勉強を楽しくさせ、成績の向上をもたらすだけではなく
学習の楽しさをもたらします。
まだ東京以外ではほとんど開催されていないマインドマップ(R)
しかも今回は「親子向け」も同時開催となります。

この機会に是非、マインドマップ(R)を体感し身につけてください。

<講師紹介>
内山雅人
http://www.mindmap.ne.jp/instructor/detail/37/392/
柔道の達人にして、元高校教師。そして現在は教育分野に
特化したITコンサルタントという異色のキャリアをもつ。
その範囲は、幼稚園から高等学校までもカバーする。

「教育現場」でのマインドマップの実践と実績では、
ダントツのNo.1。教育者としての深い造詣と体験知が、
“小学生でもマインドマップが分かる“わかりやすさを可能とし、
その温かい人柄と教育にかける熱い情熱が教室全体を包み込み、

「あ〜自分も子供のころにこんな講義を受けていたら」、
「教育現場でのマインドマップの光景に思わず涙しました」
という声が受講生からあがる。

2007年4月よりブザン・ワールドワイド・ジャパン取締役。
2007年11月より教育の現場でのマインドマップの普及を推進するブザン教育協会理事。

《セミナー情報》
小学1年生〜3年生のための親子マインドマップ(R)講座
日時 平成19年12月16日 10:00〜12:40 2時間講座 (9:40より受付いたします)
場所 いちゅい具志川じんぶん館 市民活用室 http://www.jinbun.jp/index.html
沖縄県うるま市字川崎468番地(TEL:098-982-4140)
募集人数 小学1年生 10名様
小学2年生 10名様
小学3年生 10名様
受講料   3000円(税込み)カラーペン スケッチブック込
上記受講料は受講生1名、保護者1名、計2名の受講料となります。
いずれの学年も先着順、10名様の募集となります。
※下記の注意事項・受講規約をよく読み、同意した上でお申込みください。
《注意事項・受講規約》
・カラーペン、スケッチブックは主催者側で用意いたしますが、
普段使用しているペン、色鉛筆等持参してもかまいません。
・親子講座中の、写真撮影、ビデオ撮影、音声等の録音は禁止しております。
・講座終了時間に多少変動の可能性があります。
・講座申込みは、入金完了後に確定となります。
・当日は、本人、保護者1名以外の入場はできませんのでご了承ください。
・キャンセルは、受講日の7日前までは、全額返金(振込み)致します。
7日前以降のキャンセルは返金いたしませんのでご了承ください。

お申込名は、保護者氏名でお願いします。
お申し込みはこちらから
http://homepage2.nifty.com/okinawa-sun/

●スケッチブック(maruman sketchbook S113)(tool)
http://mindmap.jp/000303.html
私の友人は、スケッチブック地のノートを使うことによって
マインドマップを描く際の「子供ごころスイッチ」を入れるそうです。

下記、上記の記事から
marumanのsketchbook S113というスケッチブック地のノート。
こちらの製品の特徴でお気に入りは、
落ち着いた緑色のデザイン、切り離しようの
ミシン目が入っているために整理がしやすいこと、
再生紙を利用していることです。

<もっと読みたい方は>
http://mindmap.jp/000303.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マインドマップ(R)基礎講座:◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「マインドマップ(R)基礎講座」ご案内です。

ビル・ゲイツや先日ノーベル章を受賞したアル・ゴア元副大統領
など世界のエグゼクティブも使うマインドマップ。

その開発者、直系のホールブレインを使うマインドマップを一日で学びます。
講師は、midnmap.jp管理人の伊藤 賢です。

色鮮やかで、美しい曲線とリズムを持ったマインドマップの
基礎を学び、日々描き続けることはまさにあなたの人生を
デザインするほどのインパクトがあります。

仕事や生活などあらゆる分野が劇的にクリエイティブになりますよ。

さらに、mindmap.jpの基礎講座参加者には、
専用メーリングリストやコミュニティも用意されています。

▼詳細・お申し込みは今すぐこちらから!▼
11月24日(土)・東京
http://mindmap.jp/ref/seminar20071124.html

12月15日(土)・沖縄
http://mindmap.jp/ref/seminar20071215.html

12月22日(土)・東京
http://mindmap.jp/ref/seminar20071222.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今朝、シンガポールから戻りました。
アジアのBLIの方々何人にもお会いしてきましたよ。

皆さん、ハーバード出身やMBAホルダーというエリートの方々で
とてもやさしく気持ちのいい方ばかりでした。

また、MBAといえばある意味ロジカルシンキング的なものを極めている
方々なのだと思います。そういう人たちだからこそ
マインドマップの価値を理解されているのかもしれませんね。
# ちなみに日本のBLIの中でもMBAホルダーの方は数名いらっしゃいます。

逆に日本の面白いところは、私のようにある意味、社会的に脱落した(?)
ところからマインドマップを使って登ってきたという
人間もしっかりと受け入れる懐の深さを反映しているところだと思います。

この多様性(Diversity)を受け入れるといことは、「個」を受け入れる
ということであり、これこそまさにマインドマップの根底にあるものだと思います。

-----------------------------------------------------------------------
発行者: 伊藤 賢(紹介記事は→ http://mindmap.jp/000096.html)
トニー・ブザン公認マインドマップ・インストラクター
連絡先: info@mindmap.jp


▲ご意見、ご感想は、このメルマガに直接ご返信ください。
▲バックナンバーは、
http://mindmap.jp/06aee/index.html
マインドマップをこれから身につける!という場合には
創刊当時のものをご参照ください。
▲コンテンツの著作権は発行人伊藤 賢に属します。
▲メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
メールマガジンのアドレス変更・配信停止はこちらから
=> http://www.mag2.com/m/0000146876.html
▲広告・相互紹介についてはこちら=> http://mindmap.jp/000172.html
(MLM、ネットワークビジネス、宗教関係の広告は掲載できません)

# マインドマップ(R)およびMind Map(R)は、
# ブザン・オーガナイゼーション・リミテッドの登録商標です。
# また、日本におけるマインドマップの公式機関は
# ブザン・ワールドワイド・ジャパン(http://www.mindmap.ne.jp)」
# です。)

記事によせられたトラックバック一覧

トラックバックURL: http://mindmap.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/314

コメントを投稿する

1分で脳を活性化!マインドマップ拡張コード

自分スタイルのマインドマッッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ