実践力のある活用術を管理人の体験を基に紹介

マインドマップでコーチング

写真素材 PIXTA
(c) スミスジョージ写真素材 PIXTA




今回は、マインドマップをコーチングに用いる方法の一つを紹介します。
具体的には、OSKARモデルと言うコーチングのモデルの紹介です。

Solution Finder的なコーチングメソッド

シンガポールでマインドマップの開発者トニー・ブザンさんのセミナーを受講した際にある言葉を知りました。それは、「ソリューションファインダー」というもの。
「私たちの頭をよりよく定義するのであれば"Problem Solver(問題を解決するもの)"ではなく、"Solution Finder(解決策を見つけるもの)"というのはどうだろう?」と。

この話に私はとても感動し、ホテルへの帰りタクシーでご一緒したiMindMapの開発者クリスさんにも、日本に戻った後もいろいろなところで話をしていました。すると、知人の五島光(「ごしま」じゃなく「ごとう」)さんに「ソリューション・フォーカス」という考え方があることを教わりました。

これは、精神分析を行いながら患者の問題解決をするという姿勢ではなく、解決策にフォーカスして問題を解決していくというブリーフセラピーというものをビジネスにも応用しようというものだそうです。
まさに、ソリューションファインダー的考え方。

というわけでいろいろ調べてみると、ビジネスにおいてこの概念を初めに日本にもってきたのは神田昌典さんらしく、著書の「成功者の告白」でもその手法を元にしたと思われるものが紹介されています。

また、日本においては、青木安輝さんという方がソリューションフォーカスコンサルティングとして普及活動をされているらしい。
というわけで、以前、氏のセミナーにも参加してみたことがあります。
# 逆に青木さんも私の開催する「マインドマップ®基礎講座」の受講生です。

そんな中で、まず試そうと思ったのが「初心者でも簡単にできるコーチングモデル」(誰もそんなこと言ったなかったと思うけど)のOSKARモデルです。

OSKARモデルとマインドマップテンプレート

OSKARモデル用のマインドマップのテンプレートです。

OSKARモデルとは、
Outcome:目標
Scale, Scaling:スケーリング、測定
Know-how:ノウハウ
Affirm:肯定
Review:ふりかえり
といった手順でコーチングを行うものです。

これをマインドマップと組み合わせて行うとコーチングのプロセスがさくさく進むのですよね。
実際、何度もこの手法は使っていますが、基本的に相手の人にも好評でした。

もちろん、手描きでもiMindMapを使ってもできるものなので、ご興味がある方は是非試してみてください。
OSKARモデルやソリューションフォーカスについて、より詳しく知りたい方は下記の本をご参照くださいね。

参考文献

photo
組織の成果に直結する問題解決法 ソリューション・フォーカス
青木 安輝
ダイヤモンド社 2008-02-01

by G-Tools , 2009/04/29

photo
解決志向(ソリューションフォーカス)の実践マネジメント
青木 安輝
河出書房新社 2006-02-11

by G-Tools , 2009/04/29



※OSKARモデル自体は出てきませんが、お薦めの一冊です。

おまけ)
私が大学を卒業してIT業界に入ろうというころ、起業のパンフレットに踊る「ソリューション」という文字を見て「何か溶けてんの?」なんてとぼけたことを考えていたものです。

solutionには、「溶剤」とか「溶液」という意味があるのですよね。
なにせ、大学は一応、化学を専行していましたからね。

記事によせられたトラックバック一覧

トラックバックURL: http://mindmap.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/428

コメントを投稿する

1分で脳を活性化!マインドマップ拡張コード

自分スタイルのマインドマッッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ