記事アーカイブマインドマップ活用術

写真素材 PIXTA
(c) にこまる写真素材 PIXTA




今日は、しぶさんからのいただいたディベートでのマインドマップ活用法についてご紹介します。




今回は、公認マインドマップ本「マインドマップ実戦勉強法」のご紹介です。

マインドマップ@授業

写真素材 PIXTA
(c) BCDW写真素材 PIXTA



今日は、授業でのマインドマップ活用の一例を紹介します。

Mind Map > Flow Chart



※ 今回のサンプルは、本当に仕事で作ったものなのでイメージだけです。。

仕事でフローチャートを作ることになりました。
というわけで、マインドマップの活用事例のご紹介かつ備忘録的に下記に簡単にまとめてみました。

1.マインドマップで作業の洗い出し。
そこで、マインドマップでその作業の洗い出しを行なってみます。
まずは、自分ひとりで作業の概要を書き出していきます。その上で関連する担当やチームの方にマインドマップを見せながら漏れがないかを確認していきます。

2.フローチャート作成
これだけで済ませられれば、作業コストもかからず簡単に済むのですが、、
多くの人に汎用的にわかるフォーマットに落とし込んでおくのは大切とのことで、今回はフローチャートを提出する必要があるとのこと。

しかしっ!そもそもフローチャートってやつもフォーマットがかっちり決まっていなかったり、
決まっていてもそれを習得し理解できるようになるにはちょっと大変だったりします。

そこで、調べてみると日本版SOX法なんかにも対応でき、かつ業務プロセス可視化(見える化)にも使える!と謳っているフォーマットがありました。
新発想の業務フローチャート作成術

これを元にフローチャートを作成。
行(スイムレーン)には、担当を並べてみます。
しかし、ざっくり読んだ限りだと条件分岐をどう表現するのか分からなかったのと、マニュアルとしてもそのまま使えるように作業内容の二つをスイムレーンに表現してみました。

3.言語化しておく
また、このマインドマップやフローチャートをみながら作業の全体像を言葉に落としていきます。場合によってはフローチャートの書き換えが必要になるかもしれません。その場合にもこのフォーマットだと、マインドマップほどではないですが、結構修正が楽に出来たりします。


コメント
セミナーなどでよくお話するとおりマインドマップは、言語化されていないものをまず目に見えるようにしてくれます。そうすると、まずポイントを抑えたり、伝える際の構造を考えたりが簡単になります。そうすれば、文章を書いたりスピーチを行なったりと言語化するだけではなく今回のようにフローチャートなどのフォーマットに落とし込むことも楽に出来ます。

よろしければ、皆さんの仕事でのマインドマップ活用法もお聞かせください。

2009年9月にいただいた講座の感想です。
この記事は、今後追記予定です。

今回は、沢田淳子さんのフォトリーディング講座について。
写真素材 PIXTA
(c) GOETHE写真素材 PIXTA


前のページ 1  2  3  4  5  6  7

1分で脳を活性化!マインドマップ拡張コード

自分スタイルのマインドマッッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ