マインドマップをはじめ様々な話題をとりあげた管理人の雑記

【インタビュー】コミュニティ作り:中村正人さん

mindmap.jpでの「マインドマップアドバイザー講座」開講に伴い、今まで私が担当したマインドマップアドバイザー講座の受講生の方へインタビューをしています。

第一回目は、外資系企業の財務部に勤務されている中村正人さんです。
マインドマップアドバイザー講座に関しては、2010年7月~10月(毎週水曜日19~22時)のコースを受講されています。

中村さんは、サーフィンをされるしっかりとした体つきのスポーツマンであると同時に、一眼レフカメラなどの多彩な趣味を持たれている方です。

ちなみに、私も中村さんが主催する会にお招きいただいたり、英語学習で情報交換をさせていただいたりしている方でもあります。


マインドマップアドバイザー講座との出会い


写真素材 PIXTA
(c) enterFrame写真素材 PIXTA



伊藤:中村さんは、いつごろどんなきっかけでマインドマップアドバイザー講座に興味を持つようになりましたか?
マインドマップアドバイザー講座の前にマインドマップ基礎講座を受講しており、知識を深めたいという気持ちがありました。 丁度その頃に講座の案内をもらい受講につながりました。
 
伊藤:マインドマップアドバイザー講座を受講して「こうなりたい!」というものはありましたか?
マインドマップアドバイザー講座を受けることは、インストラクターになるステップになるという説明がありましたので、インストラクターになってみたいとう気持ちはありましたね。

伊藤:講座に申し込む際、他の講座と比較しましたか?
特に比較はしなかったですね。当時、インストラクターになりたかったので。

マインドマップアドバイザー講座の受講時

写真素材 PIXTA
(c) saki写真素材 PIXTA

伊藤:講座を受講されてどんな印象でしたか?

まず、マインドマップアドバイザー講座の方は、基礎講座を踏まえて、具体的な活用法を教わるという感じが強かったです。こんなトコロにもつかえるのか!というのが驚きがいろいろありました。

そして、一緒に学べる仲間がいたというのは楽しかったですね。そこからの学びも大きかった。私の回だけかもしれませんが、毎回、飲み会に行っていました。それでさらにコミュニケーションが深まりましたね。
 
また、アドバイザーをうけると、自分の技術が向上していくのが分かりました。毎回、課題があったので、それを強制的に毎回書くのはやはり良かったです。あれは、自分の基本的なマインドマップの技術の向上に役立ちました。

なのでいわゆる、きれいなマインドマップもかけるようになりました。最初は型から入るというのは、大事ですね。

(講座受講中に)マインドマップを生活全般に使えるようになっていきました。マインドマップアドバイザー講座の中で、いろいろと使える場面を教わっていたので、それを実際に試していって普通に考えるよりも考えを深めらるようになりました。

もちろん、マインドマップは、自分のスキルとして定着しています。自分の目標設定、本を読んだ際のまとめ、文章を書く際にも使っていますね。

マインドマップアドバイザー講座の受講後

写真素材 PIXTA
(c) taka写真素材 PIXTA

伊藤:先程のお話とも少し重複しますが、講座を受講して、他によくなったことはどんなことがありますか?

これは、正直マインドマップアドバイザーを受けたからかは分からないのですが、目標をかいたことが、何気に意識しなくても実現しつつあります。例えば、MMのアドバイザーの終わってからの会を運営していることなどですね。

当初の目標でこんなことがしたいと思っていたことが、自らが主体的に動くことで実現できています。

また、アドバイザー講座とは別に、カメラの初心者クラスに1年間ほど通っていました。こちらも、組織化して20名ほどのコミュニティをつくり、撮影会などを開催しています。

マインドマップアドバイザー講座案内

MMA_s.png
中村さんの受講されたマインドマップアドバイザー講座のご案内は、こちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mindmap.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/513

マインドマップの無料メルマガ!

自分スタイルのマインドマッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ