実践力のある活用術を管理人の体験を基に紹介

マインドマップ活用事例・稲田隆一さん

inada_top600.jpg

今回は、マインドマップを普段のお仕事や学習、MBAの取得や美術の学習など幅広く活用されている稲田隆一さんにインタビューをさせていただきました。

稲田隆一さん

会社員(情報システム関連業務) マインドマップアドバイザー

稲田さんには、mindmap.jpの「マインドマップ基礎講座」は、2008年5月に受講いただきました。その後、「マインドマップアドバイザー」講座も受講されブザン教育協会公認の「マインドマップアドバイザー」資格も取得されているマインドマップのエキスパートです。


マインドマップとの出会い


今回は、平日、お仕事が終わったあとにインタビューを行わせていただきました。

稲田さんは、いつごろどんなきっかけでマインドマップなどの思考ツールやスキルに興味を持つようになりましたか?

マインドマップは、2007年に勝間和代さんの本を読んで知りました。
その後、マインドマップのアスキーのムック本を購入して、見よう見まねでかいてみました。
また使い始めは、「ザ・マインドマップ」なども参考にしましたね。

マインドマップを使ってみた感想は?

マインドマップは、仕事や勉強に使えそうだな、という感じがしました。
ただ、同時にいまいち使えていないのではないか?という感じもありましたね。

ちなみに、当時は、人事異動で情報システムの仕事でJ-SOX法にかかわりだし、上司も変わったところでした。なので自分自身のマインドとしてもとても前向きに変わってきた時期でしたね。

異動と同時期に所属していた会社は、他の会社と経営統合、持株会社化し、さらにその後もう1社を含めて異なる文化を持つ3社が合併をするといった変動の時期を迎えることになりました。

mindmap.jpについて

mindmap.jpのマインドマップ講座は、いつ、どこで知りましたか?

2008年5月に受講したので、そのころインターネットで検索して知りました。

その時の第一印象は?

当時、ブザンワールドワイドジャパン(現在の株式会社ALMACREATIONS)のページも見たのですが、丁度講座がなかった時期だったようですね。
そこで、mindmap.jpを見たところ、前からやっているサイトだということを知り、また講師の伊藤さんもIT系で理系の人だので安心感がありました。

mindmap.jpのマインドマップ講座の受講を考えたとき、他の講座などと比べましたか?

特に比べていませんね。
フォトリーディングは、マインドマップ基礎講座の2ヵ月後の2008年7月に受講しました。
これは、先にマインドマップを受けたほうが良いだろうと考えてたためです。フォトリーディングでは、本をまとめるのにマインドマップを使うことを知っていたので。
ちなみに、読書に関しては、フォーカス・リーディングの寺田さんの講座も受講しました。

inada_mms.jpg


※稲田さんに持ってきていただいたマインドマップ用ノートやフォルダー。フォルダーには、たくさんの本を元にしたマインドマップが入っていました。

マインドマップ基礎講座の受講理由を3つ教えてください。

正直なところ、一番早く受講したかったからというのが理由ですね。

マインドマップを効果がでるやり方で使えているのかという不安があり、
独自のやり方でかいているのが、もどかしく感じていたところでしたので。

稲田さんには、2008年5月にmindmap.jpの「マインドマップ基礎講座」を受講いただきましたが、受講時は、どんな印象でしたか?

部屋に入ったときは、人数も確かその時には16名程度だったと思います。
ワーク付きの講座は、あれが初めてだったので、それがとても印象的でしたね。

マインドマップのはまりどころ

受講から3年ほど(インタビューは2011年4月5日)たっていますが、マインドマップはどのように導入されましたか?

まず、最初は伊藤さんが講座で話していた通り、少しずつ始めました。
一日マインドマップの一ブランチをかくとか、日記をかくとか。

次に、道具に凝りだしましたね。

mindmap.jp)確かにいろいろお持ちですよね。

inada_tools.jpg


最初は、ピュアカラー(三菱鉛筆)を買い、ニーモシネ(マルマン)を楽天などで安く購入したりしていました。

他に、ツバメノートを試したり。大きさは、仕事で使うことを考えるとA5サイズのノートを見開きにしてA4サイズにして使ったりもしていましたね。

今は、コレトCを使ってブランチをかき、色鉛筆で塗りつぶすというスタイルでかくことが多いです。

「道具を揃える」というのは、ハマりどころなのではないでしょうか。

mindmap.jp)確かに特に男性の方は、道具にハマる人が多いですね。

また、初心者の人におすすめなのは、やはり毎日、マインドマップで日記をかいてみることですね。今はやっていませんが、あれはマインドマップを身につける上でよかったですね。

普段の仕事や学習からMBA取得や美術まで幅広くマインドマップを活用

マインドマップの活用シーンは?

マインドマップは、色々なところで活用しています。
本を読んでマインドマップにまとめたり、会議の自分用議事録をとったり。
グループでの活用は、まだできてません。ただ、以前会社にいた監査の方が使っていたことはあります。

セミナーでのメモを取られたり、MBAの授業でも使われていたのですよね?

それは定番ですね。普通に使っていました。
inada_seminarMM.jpg

MBAコースは、いつごろ受講されたのでしょうか?

2008年10月に大前研一さんがやっているビジネス・ブレークスルー(BBT)の講座を受講したのをきっかけとして、さらに勉強をする必要があることを感じて、その後MBAコースも受講しました。

MBAのクラスや論文では、常にマインドマップを使っていましたね。
論文を作成する場合には、ミニ・マインドマップをかいてまとめるというやり方をしていました。

かなり遅まきのの受講ですが、昔と違っていまだとまだ50代は若く、これから先も長くあります。それを考えて通い始めました。これは、他のセミナーなども同様です。

ただ、私はマインドマップ同様、MBAのような勉強もツールだと思っています。
今までは、ビジネス書も読みセミナーも多く出ていましたが、それらもやめつつあります。どれを読んだりしても大体おなじであることが分かってきたからです。それよりも、むしろ今は持っている「ツール」でどんなアウトプットをしていくかを考えています。

マインドマップを活用するようになってからの変化

それと、マインドマップの講座の受講後、絵に興味が出てきました。
最初は、マインドマップのセントラルイメージを書くためにも、絵を描けるようにイラストの本を買ったりしていました。
そうしているうちに、次第に絵に興味を持つようになりました。

今では、趣味ですね。もともとモンドリアンのような抽象的な絵は好きでしたが、絵を見たり美術の勉強をしていくと、ルネッサンスあたりもいいかなと思うようになりましたね。それに、勉強ついでに美術検定の2級も取得してみました。

そういえば、資格取得の際には、「マインドマップ資格試験勉強法」なども役に立ちましたね。

inada_art.jpg


※赤いモレスキンは美術の勉強や観賞用の手帳になっています。

今後のmindmap.jpへ期待すること

mindmap.jpのマインドマップ講座の、よいところ3つ、悪いところ3つ教えてください。

一つ目は、やはりワークがあったことですね。先ほども話したとおりワークがある講座には初めて出席したのですが、今ではワークがないと退屈に感じてしまうことも多いです。

二つ目は、講師のキャラがよかったですね。違和感がありませんでした。理系だということで馴染みやすかったと思います。

三つ目は、フォロー体制があることですね。応用講座や他の講座が規格されたり、メーリングリストがあったり。応用講座は役に立っています。
# 稲田さんには、mindmap.jpの企画する様々な講座に出席頂いています。

悪かったところは、特に無いですよ。

今後のmindmap.jpへの期待・要望を教えてください。

応用講座は、今後もいろいろとやっていって欲しいですね。
また、先日(2010年11月)のLifehacking.jpの堀さんとの講座のようなものもよいですね。

それと、個人的には、横浜に住んでいるので、東京での講座のために土日出てくるのは大変です。平日の19時から2時間とか3時間ぐらいの講座があると良いですね。

最後に一言

マインドマップを活用するようになって、メタの視点から物事を観るようになりました。 それと、興味の幅が広がりましたね。 それは、「つながり」が増えたということかもしれません。

mindmap.jp)この日は、わざわざインタビューのために、マインドマップ用のノートもたくさん持ってきていただきました。
稲田さん、ありがとうございました。

インタビュー当日に撮影させていただいた稲田さんの映像(約23秒)

マインドマップ基礎講座のお知らせ
稲田さんが最初に受講された「マインドマップ基礎講座」
mindmap.jpでは、定期的に開催しています。
フォロー体制も拡充して、マインドマップをマスターするだけではなく確実に成果をあげられる体制をつくっているので、ご興味のある方はこちらをご覧くださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mindmap.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/500

マインドマップの無料メルマガ!

自分スタイルのマインドマッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ