実践力のある活用術を管理人の体験を基に紹介

iMindMap 5がすごい!

iMindMap5.png

iMindMap 5発売


2011年4月6日、"iMindMap 5"が発売になりました。

ちょっといろいろバタバタしていて、アナウンスが遅れてしまったのですが、
改めて触ってみるとコレがすごい!

今までのiMindMapから、飛躍的に進化しています。

私も多少絡んでいるソフトなので、
ベータ版から触っており、またある程度の話は聞いていました。

なので、根本的につくり直すという話も聞いていたのですが、
今までのiMindMapの良さを出来る限り残しつつ大幅な進化を遂げたという感じです。

大枠からいくと

・フリー版有り!
 評価版のUltimateを使っていると7日後に自動的にフリー版に切り替わるみたい。
・Web版も同時リリース
・スマートフォン版も連動(まだ試してないけど)
・インターフェイスが一新されている
 各OS毎に最適化されていて使いやすくなっている。

これは使える!

iMM5Online.png

まぁ、いくらスペックがすごくても「使えるソフト」かどうかというのは全く別問題。

ツールは、実際に使えるかどうかが大事。

というわけで、数日間触ってみました。

結果、これは使える!と感じています。

具体的には、
・動作が別物のソフトなみにサクサク動く
 念の為私の環境は、thinkpadx201s(CPU Intel Core i7 L620 2GHz メモリ8GB, Windows 7 Professional 64bit
 ネットブックなどで動くかはわかりませんが、私の環境では今までとは別物というぐらいサクサク気持よく動きます。
 まぁ、起動は少々重くなっている気がしますが。
・キーボードでブランチをつなげていける。
 一応今までもそういう機能はありましたが、まともに使えるレベルになっています。
 ブランチも、自動的に衝突を避ける様に動いてくれます。
 ショートカットキーは、Enterで同レベルブランチ、Ctrl+Enterで、サブブランチが作成されます。
 文字の確定後にもEnterが必要ですがこのあたりは、数秒で慣れました。
・プレゼン機能がサクサク動く(Ultimate版の機能)
 今までもこの機能はお気に入りでしたが、さらにサクサク動きます。
 それに、立体的に見せる機能も付いています。
 逆に、メインブランチ毎がアニメーションしなくなったのはチョット残念ですが。
・囲い機能(「境界線」)がマシになってきた。
 毎回、「残念」な感じだった「クラウド」機能も強化されています。
 もう、「クラウド」(雲)だけではなく様々な「境界線」と言う名の囲いができるようになっています。
 
私は、意外と手書きのマインドマップが多いのですが、
仕事で「チョット試しに」iMindMapでブレストをしてみたら
かなり調子よく使うことができました。

最近の私の開催する「マインドマップ基礎講座」や「マインドマップアドバイザー講座」でお伝えしている
ミニ・マインドマップ→フル・マインドマップという思考の整理の流れがとてもスムーズにできます。

最上位版のUltimateが、無償で7日間使えるので、まずはこちらから試してみてはいかがでしょう?

おまけ:iMindMap 5の表記について
ちなみに、テキスト表記は、"iMindMap Ver.5"ではなく"iMindMap 5"だそうです。
開発・発売元のThinkBuzanに確認しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mindmap.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/501

マインドマップの無料メルマガ!

自分スタイルのマインドマッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ