実践力のある活用術を管理人の体験を基に紹介

論理思考(演繹法)とフレームワークの本


マインドマップアドバイザー講座には、
論理思考(演繹法)についてのコンテンツがあるのですが、
そこでは、様々なフレームワークが紹介されています。

今日は、このフレームワークに関して最近読んだ本をいくつか紹介します。

まずは、SWOT分析を自己分析に活用している例です。

photo
小説 ダメ営業マンのボクが企業参謀に変わるまで
小関 尚紀 HIMA
東洋経済新報社 2010-07-23

by G-Tools , 2010/12/16

表紙の絵と、回りくどい漫才(?)のようなやりとりは、苦手な人も多いかもしれませんが、
軽いノリなので、ストーリー自体はサクサク読めます。

さらっと読み流すことはできますが、しっかり学ぼうと思うなら、マインドマップをかいてみてはいかがでしょう。
そして、主人公と共に実際にSWOT分析を行い、それぞれの要素を組み合わせ、
戦略マップを書くというところまでやるとかなり勉強になると思います。

戦略とストーリーというところでは、はやりのドラッカーさんではないですが、
テーマを恋愛にすることで「顧客視点」の重要性がよりはっきりイメージ出来ると思います。


もう一冊、この手のフレームワークを活用している例として

という本も読みました。こちらも小説。
ゲームメーカーの立て直しをしていく物語ですが、フレームワークが次から次へと出てきます。
マインドマップアドバイザー講座のコンテンツで紹介しているものはすべて網羅されています。

しかも、それぞれのフレームワークがストーリーに絡めて説明され、細かにクイズまで出されています。
ただし、次から次へと出てくるので、この手のフレームワークにあまり馴染みのない方は、混乱するかも。
マインドマップなどで、それぞれのフレームワークを整理しながら読まれるとよいでしょう。


と、最期にもう一つ。
大学を卒業した頃に教えてもらった
バーバラ・ミントさんのピラミッドプリンシプルについて書かれた本

photo
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート Barbara Minto
ダイヤモンド社 1999-03

by G-Tools , 2010/12/16

正直、当時の私には理解するのがとても難しかったのですが、
論理思考をしっかり学ぼうという方には、オススメの一冊です。

コメントする

マインドマップの無料メルマガ!

自分スタイルのマインドマッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ