記事アーカイブ2005年1月

●最新版は、こちら

マインド・マップとは、Mental Literacy(直訳すると「知能に関する読み書きの能力」ね)という考え方にそった、Memory(記憶)Creative Thinking(創造的思考)の強化など、脳の力をより強力に引き出すノート法です。

今の私のMind Mapのスタイルは、まず単色で作成し、あとから色づけするやり方がメインです。

その際にゲルインクのペンを使うことが多いです。

また、携帯用にはバラバラにならなず、電車内でも使えるためB5のノートを使っています。

PCでは、MindManagerというソフトを使用しています。

マインドマップが掲載されているページです。 とりあえず、リニューアル前からリンクさせていただいているサイトを載せます。
マインド・マップで学ぶ最新プレゼンテーション術 マインド・マップで学ぶ最新プレゼンテーション術

著者:マイケル・J.ゲルブ / 東急エージェンシー
出版社:東急エージェンシー
本体価格:1,845円
Mind Mapを応用したプレゼンテーションの手法とプレゼンテーションのためのテクニックを解説。
頭の取扱説明書
ヴァンダ ノース トニー ブザン Vanda North Tony Buzan 田中 美樹 佐藤 哲


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
マインドマップの描き方を絵本のような感じで説明している本。わかりやすいかな・・・
お探しの本などが商品切れだったとか別なところの評価を見たいという場合は、こちらの検索ボックスをご利用ください!
楽天ブックス
160万アイテムから本探し!
1,500円以上で送料無料!


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

古本を探す
→ eBOOKOFF
こちらは、2000円以上のお買い上げで送料無料

たまった本を売る
→ eブックオフの買取サービス
使わなくなった 本・CD・DVD・ゲーム なんかをダンボールも送料も全部無料で、
ご自宅まで集荷してくれるそうです。

"The Mind Map Book"
英語でもよいのならマインドマップ本の一番のお勧めです。

HowToに訳したとおり、できるだけ大きな無地の紙を使用するのがよいとされています。
けど、これもそれほどこだわらなくてもいいと思います。

とりあえず、必要なものとあると便利なものをあげていきます。まずはペンです。
最初はあまりこだわらずにまず、紙と鉛筆で始めてみるのをオススメします。
線を太くしたり色をつけたりってことの意味は、より使いこなそうとすれば自然に分かってくると思います。

トップページにあるマインドマップです。 このサイトのカテゴリ分けを考えているときに作ったものです。(今のコンテンツとは少しずれてます。)

脳を活用する最高の思考ツールを身につく少人数性講座

セミナーに関する詳細情報

1分で脳を活性化!マインドマップ拡張コード

自分スタイルのマインドマッッピングのヒントになるような脳を刺激するその活用事例・ツール・ソフト・関連情報など実例を交えてを紹介していきます。

メルマガに関する詳細情報

管理人がオススメするマインドマップ関連グッズ